ケアプランに
学習療法を活用

城戸医院では、学習療法をケアプランに活用してご利用者様の認知症ケアを実践しています。学習療法を通して脳機能の維持・改善を図るとともに、楽しく喜んで学ぶことにより自信・意欲・誇りを引き出すことに努めています。
その情報を「学習療法通信」としてご家族様、担当ケアマネージャー、地域に発信して交流を深めています。

学習療法とは

学習療法とは、簡単な計算問題や文章の音読など教材を利用して、認知症高齢者とスタッフがコミュニケーションを取りながら行う非薬物療法です。東北大学の川島隆太教授 の研究で、簡単な問題を解いているとき、脳の前頭前野が活性化することが実証されています。
難しい問題をひたすら考え解いていくのではなく、楽しくコミュニケーションを取りながら簡単な問題を解くことが学習療法の特徴です
当法人が福岡県八女市・筑後市で
 認知症対策として導入した取組み

学習によって認知症の進行を予防・改善し「あなたの人生史を知ること」
「あなたらしい生き方の支援」その人らしく生きていけるようにすること

認知症の症状のほとんどは、大脳にある「前頭前野」の機能に関係がある

前頭前野とは

  1. 思考する
  2. 行動を抑制する
  3. コミュニケーション(対話)する
  4. 意思を決定する
  5. 情動(感情)を抑制する
  6. 記憶をコントールする
  7. 意識・注意を集中する
  8. 注意を分散する
  9. やる気を出す
くもん学習療法の様子 画像2

簡単な計算・音読によって脳(前頭前野)が活性化

くもん学習療法の様子 画像2

2+3や1+5のような簡単な計算をしているとき

「脳が活性化する」

くもん学習療法の様子 画像2

54÷(5.5-0.3)のような複雑な計算

「あまり脳が活性化しない」

コミュニケーションを重視し、明るく楽しい「楽習」の場に

学習課題はスラスラできるものの方が前頭前野を活性化させる。

音読と計算を中心とする教材を用いた学習で、学習者と支援者がコミュニケーションをとりながら行うことにより、学習者の認知機能やコミュニケーション機能、身辺自立機能などの前頭前野機能の維持・改善を図る。

くもん学習療法の様子 画像2

1対2での個別ケア

※学習者(利用者様)は2人1組 になって学習療法を行います。
※学習者とスタッフは対面して座り、2人の学習療法を同時に 行います。

コミュニケーションも合わせて20分間個別に向き合います

くもん学習療法の様子 画像2

他にもこんないいことも

  • 学習療法専用のお部屋にご案内して、環境にも配慮して他の方の目も気になりません。 
  • 利用者様同士も仲良くなり、また職員との信頼感も築け楽しい時間を過ごせます。 
  • 個別に向き合う時間を作る事で利用者様の事をより深く知ることができ 職員の観察力も高まりケアに活かすことが出来ます。

会話で笑顔満点 フィードバック

教材が終わった後は採点・フィードバックを行います。

☆学習療法の採点は、認める・ほめるためのものです

学習者の頑張りを具体的に認めほめる、喜びを共有します。

☆すぐに採点、すぐにほめる

高齢者の方は時間をおいてしまうと覚えておられないことがあります。学習後すぐに採点・ほめることで、前頭前野がより活性化し自信と意欲が高まります。

フィードバック中の笑顔の様子

くもん学習療法の様子 画像2

カラオケ等、普段の様子

くもん学習療法の様子 画像2

フィードバック中の様子

「子どもの頃から勉強が得意でした」「100点はもらったことがなかったけんうれしい」等、様々な反応があります。共通するのは皆様「笑顔」で話してくださるところです。 フィードバック中は色々な話を聞くことができます。

思い出・趣味・仕事など、好まれることを話題にして、おはなしいただくことでその方のことをもっと知ることができ、新たな気づきに繋がります。

職員の楽しい時間

あなたにとって
学習療法はどのような時間ですか?

入社3年目/実践士/ケーシービマラスさん

くもん学習療法の様子 画像2

利用者様とコミュニケーションをとる事で、 私自身も『日本』の事を学ぶ事が出来る 楽しい時間となっています。

入社5年目/実践士/井上ゆかりさん

くもん学習療法の様子 画像2

利用者様の事をより知ることが出来る時間になっています。 
昔の思い出や好きな事を懐かしそうに、また、楽しそうに話される姿を見て私自身も楽しくなります。

利用者様だけではなく、 職員も一緒に楽しんでいます!!